忙しい時でも気軽に摂取出来るから安心|サプリメントの魅力

手を繋ぐ夫婦

人間の体と心はデリケート

シニア

様々な役割

人間の体は非常にデリケートにできていて、様々な物質がバランスよくあることで健康でいられるのです。そのために体内にはセロトニンが、10ミリグラムあります。割合的には消化管粘膜に90パーセント、血小板中に8パーセント、脳の中枢神経内に2パーセントといった具合です。セロトニンは、多すぎても少なすぎても問題が生じます。例えば消化管粘膜の場合は、過剰に分泌されれば下痢になり分泌される量が少ないと便秘になるのです。そして脳内の合成が不足すれば、神経伝達物質としての役割が果たせないことになります。脳内のセロトニンは、ありとあらゆる生理機能と生体リズムに関与しているのです。したがって不足すると、睡眠不足や体温調節などが難しくなります。症状がひどくなれば、気分障害や統合失調症といった病態にも影響を及ぼしてしまうのです。

睡眠の質が大切

上述した通りに、セロトニンは多すぎても少なすぎてもダメな物質です。ほどよい量を、バランスよく必要とする体の部位にあることが、心と体の健康維持につながります。消化管のセロトニンは、腸内環境の維持にも大切です。脳内の場合は、不足すると睡眠の質が悪くなってしまいます。普段の生活において、睡眠の質といった問題はそれほど重要視されていないのです。それは必要なだけの、快適な睡眠がとれているからです。睡眠の質が悪いとは、いかなることかというと熟睡できてはいないことになります。このことがきっかけになり、うつ病にまでなってしまうこともあるのです。セロトニン不足にならないようにするには、良質なたんぱく質の摂取と太陽の光を浴びることになります。特に大事なのが、好きな食べ物だけではなくビタミンやミネラルを含んだ食品も、バランスよく取り入れることです。